集まれ投資初心者!

投資に興味はあるけど、いざ何をすれば良いかはわからないという方は多いのではないでしょうか?こちらでは投資の種類や初心者向けの情報などこれから投資を始めたい方に向けた情報を中心に発信したいと思います。

投資初心者がまず調べることは?

最近の日本人のサラリーマンにおいて非常に注目されているのが株取引や外国為替取引などの投資についてになります。現在のサラリーマンは年功序列制度がある程度残ってしまっているため、若手のサラリーマンはなかなかお給料がのびてこないような状況になっている点と、さらには、現行の企業のシステムではいかにお給料をあげないように設計するのかが大切になっているため、会社としてはサラリーマンにたいしてはコストである賃金を下げるための取り組みにのみ力をいれています。このような状況にあるため、自分の収入を企業からのお給料だけに頼っておくのは非常にリスクであり、また可能性を潰してしまっていることになります。このような状況にあるために、しっかりとした自分で得られる収入源を作っておく必要があり、生活を少しでも楽にしていく努力が必要になってきます。現在の株式市場のシステムにおいてはこのようなサラリーマンがいつでも始めることができるようなシステムとなっており、より多くの人が投資を始めだしています。ただし、投資の初心者がいきなり始めて利益を出せるような甘い世界ではないということをしっかりと覚えておく必要があり、始めたばかりの人のほとんどが損失をだしてしまうという現状をきっちりと把握しておく必要があります。このような状況のなかで初心者がどのように取り組んでいかなければならないのかというと、現在の投資の世界においては、まず一番最初に覚えておかないといけない点は、必ず損をする場面がやってくるということです。損失を出したときにどのように対応することができるのかをきっちりと把握しておくことで、よりリスクにたいして向き合える賢明な投資家になることができるからです。

投資において心がけること

投資をするときに心がけることは、勝つことよりも負けないことを重視することです。一度に大きな損失を出してしまうとそれをリカバリーするというのは非常に難しいものであり、損失を取り戻そうとして余計に傷口を広げてしまうということは珍しいものではありませんから、とにかく負けないようにすることが大事です。投資はとにかく利益が出るようになるまでが一番苦しく、利益を出すことができるようになればそこからは比較的難しいものではありません。投資によって得た利益を再投資に回せば効率のよい運用をすることができますし、ここで大きな損失を出してしまっても元々存在しなかったお金となりますからまた一から地道に取り戻せばいいと考えることができます。新生ジャパンやファーストリッチ投資顧問は初心者も簡単に利用できるので、WEB上で実績が確認できる安定の投資顧問に頼ることも考えた方がいいです。(新生ジャパンの情報はこちら)利用するとお金がかかるものもありますが、最終的に投資顧問を利用して得た利益と投資顧問に支払った金額を差し引いてプラスになれば勝ちとなりますし、プロの意見を聞けるので自分の知識として吸収できるとこも少なからずあるでしょう。ですが投資顧問にも頼らず、安易に手を出してしまい大金を損失してしまっても平気ということにはなりませんから、そこからリズムを崩してしまって余計に深みにはまっていくということは多いので、とにかく負けないことが重要となります。どれだけ利益を積み重ねることができたとしても、一度の失敗ですべてを失ってしまうようなやり方をしていれば最後には破滅が待っていますから、とにかく失敗したら致命傷という投資は絶対に避けなければなりません。投資の世界は負けなければ自然とお金が増えていくものですし、利益が積み重なっていけば金が金を生む状態となるのでそこまで行くまではとにかく負けないことを心がけるようにしましょう。時にリスクのある投資に手を出すのは必ずしも悪いことではありませんが、それに手を出すことによって致命傷になってしまうのであれば避けるべきです。余裕のある範囲であればリスクのある投資に手を出すのも悪くありませんから、とにかく致命傷だけは避けることを常に心がけるようにしましょう。

投資で失敗する人って?

投資で失敗をする人は、リスク管理ができていない人になります。投資にはリスクがつきものであるため、リスクを最小限に抑えるように常に気をつけていなければなりません。それができない人というのは、致命的な損失をだしてしまうことになります。リスク管理ができない人のタイプとして負けず嫌いの人があり、負けを認めることができないことで適切な損切りをすることができずに大きな損失を出してしまうということが多いものです。投資は思惑通りに全てのことが運ぶわけではありませんから、逆の方向に動いた時には潔く損切りをしなければなりません。損切りをしなければ値が戻ってくるということは少なくありませんが、一度も戻ってこなくなってしまうほどの値下がりがあれば致命傷となってしまうので負けず嫌いな人ほど失敗しやすいのです。次に熱くなりやすい人も失敗しやすいタイプで、負けが込むとそれを取り返そうと無謀な取引をしてしまう人も投資の世界で生き残っていくことはできません。このような人は損益の振れ幅が大きく勝つときは大きく勝ちますし、負けている時にも取り返すことがあるのですが最終的にはそのような取引はリスクが大きく、致命的な損失を出して終ってしまうのです。負けず嫌いであっても損失を最小限に抑えることをしっかり意識していれば大きな失敗をすることはありませんし、熱くなりやすい人であっても資金管理を徹底していれば致命的な損失を出すことはありません。しかし、最低限のリスク管理をすることができないのであれば、どこかで必ず失敗をしてしまうことになるのです。投資で失敗をしたくないと思うのであれば、リスク管理は徹底して行うようにしなければなりません。